オーディション写真の服装について

オーディション写真に使う服装は、白いTシャツにショートパンツなど、スタイルがわかりやすいものを選びましょう。

オーディション経験者の口コミ

これからが楽しみです!

娘のシンデレラストーリーを期待している親です。審査に無事合格して、アカデミー生になりました!これから将来がとても楽しみです。

都心や大都市でのオーディションが大変

オーディションは基本東京や大都市で行われるので、地方でも参加しやすいオーディションを開催してくれるとうれしい。

ネット広告を見て応募しました

娘が歌うことが大好きなので、オーディションに参加しようと思いました。今回のオーディションをきっかけに、挑戦する意欲を高めてほしいです。

応募者全員に撮影サービスしてくれました

残念ながらオーディションには落ちてしまいましたが、モデル撮影をしてくれたのでよい記念になりました。

大きなステージに立てました

オーディションのファイナルで、大きなステージに立たせてもらいました。堂々とポーズを決める息子を見て感動。

注意点を確認すること

キャスティング

オーディション写真を選ぶ場合、最初に気をつけるべき点を確認しておきましょう。書類審査の場合には、パッと見た印象だけで合否を決められるケースも多く見られます。一瞬の判断で興味を持ってもらうためにも、避けるべき写真を把握しておくことが大切です。例えばオーディション写真で注意が必要なのが、顔が見えにくい画質の悪いものです。またフレームいっぱいに顔しか映っていないようなものも避けることが大切です。ほかにもプリクラや加工済みの写真は、書類審査だけで落とされる原因になります。オーディションを受ける対象者が誰だかわからなくなるため、ほかの人が映っている写真ではなく、被写体は自分1人のものを選ぶようにしましょう。

印象の良い撮影方法を知ること

舞台

オーディションの写真で印象をよくするためには、撮影方法に気をつけることが大切です。スマホで撮影をしても問題はありませんが、一人で撮影をしても良いものは撮れません。不自然な角度にならないように、誰かにお願いして写真を撮ってもらうようにしましょう。また背景にものが多いと本人の印象が薄れるので、余計なものが背景に入り込まないように注意して撮影することがポイントの1つです。屋外で撮影するなら、晴れた日を選択して自然光で印象をよくできるようにすることが大切です。

服装の選び方を押さえよう

キャスティング

オーディション写真を撮るとき、服装の面ではどのような点に注意したらいいのでしょうか。服装選びで大切な点の1つが、シンプルかつ体型がわかるものを選ぶという点です。大きめの服や厚手の上着は体型を隠すのでオーディション写真には向いていません。さらにロングスカートなども足が隠れてしまうので避けるようにしましょう。ほかにも柄が派手なものや文字のプリントされている洋服は避け、清楚な服装を選ぶことがオーディション写真のマナーです。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中